大量のセミが足元に

セミは土の中で7年過ごしてから地上に出てくるらしい。

夏になるとそこらじゅうで「ミーンミンミンミンミーーー」と鳴きまくってるわけだが、
あれの7倍の量が今、土の中に埋まってるわけだ。

と、プーねこ2に描いてあった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

彩の四季 味っ子以上のスペクタル

正直未だに興奮さめやらずと言うか、意味が分からないというか、、、

うどん篇をこなし、アイドル料理教育篇を終わり(ここまでで4巻)、

そして5巻を読み始めたら異次元に突入。

前巻まで普通の社員だった主人公がすでに副社長。
主人公を新しい会社に招きいれた女性社長が失踪。副社長に全てを任せる。

社長は自分の父親との因縁のシェフと料理対決。
しかし、重要な食材が見つけられない。

そこに主人公登場、社長の探していたのはこの食材です。使ってください。

一件落着。

そして、「完」


驚きの展開だね?

ちなみに2巻から社長と主人公は同棲してます。
ビックリだね?

いや、面白いんですよ。
「美味しんぼ」「築地魚河岸3代目」「酒のほそみち」「ラーメン発見伝」みたくウンチクも料理のレシピものってて面白いのよ。

きっと悲しいんだと思う。
「何でここで終わるかな~~~!!!」

寝ようっと。

| | コメント (10) | トラックバック (120)

もやしもん 作者がぬいぐるみ作っちゃった

ジュンク堂池袋店に行ったらこんなのあった・・・・

まったく著者は何やってんだか、、、面白いじゃないか

| | コメント (16) | トラックバック (83)

読んだ漫画 シガテラにハマル

| | コメント (12) | トラックバック (72)

読んだ漫画 カツオブシで出汁を取りたくなった

もう何年も、、何十年?も前も「美味しんぼ」で取り上げられた食の問題として、
「日本人は化学調味料を美味いと感じ、天然の出汁は不味いと感じる」
自分は違うと思いたいから今度カツオ節から出汁を取って味噌汁を作ってみようと思う。

きっと自分も化学調味料を美味いと思うんだろうと思う。。。
自覚したら何か変わるかな

| | コメント (6) | トラックバック (90)

Xsと「あらしのよるに」との出会い

せっかくのクリスマスなんだからケーキを食べなきゃっておもってセブンイレブンにケーキを買いに行くついでにさっき買ったマンガを売ってきた。
買取査定してもらってる短い間にふと棚に「あらしのよるに」を見つけてしまって買ってしまった。

こんな所で出会うとは。

マンガが出てるのも知らず。TVCMで映画の内容をちょこっと知るくらいで。

読まないといけないという使命感だけで買ってしまった。

読むか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

読んだ漫画 ピアノの森で泣く

6年ぶりにやっと海に出会えた誉子、司馬、佐賀、、読んでるこっちまで感動して涙してしまった。
音楽はいいなぁ~、海はJazz演奏が似合いそうだ


ピアノの森 11 (11) モーニングKC


ジパング 21 (21) モーニングKC


Ns’あおい 1 (1) モーニングKC


ドラゴン桜 11 (11) モーニングKC


年上ノ彼女 (1) ジェッツコミックス


酒のほそ道 18 (18) ニチブンコミックス

| | コメント (21) | トラックバック (22)

現在官僚系もふ1 - 財務省の官僚はこんななん?

財務省に使い捨ての駒として採用されたちょっと場違いな天然主人公がいろいろとやってくれるお話。
ストーリー的にはあまり面白くは無いけど「ほんとにこんな悲惨な生活が官僚のお仕事なの?」というのを感じた。

| | コメント (10) | トラックバック (144)

ドラゴン桜 10 - 受験テクニック

数学の東大模試をやる場合に必要になるテクニックが書かれていました。
↓以下の4つ

【問題のメッセージ】
問題の出題者の意図を読み取るという事でした。
例題として出されていた問題がこちら

「円周率が3.05よりも大きい事を証明せよ」

この出題の中には世間で円周率とゆとり政策をめぐる議論が交わされているが、
君は円の本質を理解しているか?との問いかけが入っているそうだ。

このように東大の出題では単なる知識を見るだけではなく、
社会に対する強いメッセージが含まれた出題が多くあるらしい、
出題者からのメッセージにちゃんと答えられるかが試されているんだそうだ。

【答案ニ分割法】
数学は芸術だ。
解答を綺麗に見せる事も大切なんだそうだ。
その為には横にずらずらと長く答えを書いていては醜い。
上から下に流れるような解答を書く為に答案用紙の真中に縦に線を引き、
左半分の上から下へ、そして右半分の上から下へ、と流れるように答えを書いていく。

ちなみに東大の答案用紙は1問につき用紙1枚を使用する。

【東京ドーム発想法】
これは分かりやすい具体的なイメージから問題を始めれば解けるというものらしい。
東京ドーム発想法というのは、想像できないような大きなものを表現する時に「東京ドーム何個分」
という具体的で分かりやすい表現をするところから来ている。

具体的なところから考えてどんどん詳細に掘り下げていくのは数学だけではなく
普段の仕事でも自分が使用している方法なので納得した。

【全問解くな!】
東大の数学を全問解けるような人は宇宙人のよな人らしい。
そこで多くの点を取っていく為に部分点を取っていく方法を薦めている。
これは答えが正解していなくても途中の計算結果で点数がいくつか貰えるというものだ。


受験にもこういったテクニックを使う事でクリアが楽になるようだ。
でも使ってる人なんてそんなにいないよなぁ・・・

| | コメント (7) | トラックバック (216)

働きマン1 - 入社面接で何を言えばよいか

出版社を舞台に繰り広げられる、働く人や働かない人や、それぞれの働き方が描かれたマンガ。
2巻でちょっと面白い話が出ていたので紹介したいと思います。

主人公が採用試験の面接を担当する事になりいろんな学生と話をしていきます。
面接官の話でこんなのがありました。

「たいていのヤツはボールを入社という目標に向けて投げてくる。だから最高で入社には届くが普通は手前で落ちてしまう」
「ところが目標を入社してから何をするか、どうなりたいか、に置いて投げてくるヤツはおのずと遠くに投げるから入社は楽に越えてくる」

確かに、と思った。
そこまで裏を読んで入社試験を受けるヤツもそうそういないな、とも思った。

| | コメント (12) | トラックバック (67)