PS3が高い理由と、日本デザイナーの問題

月刊アスキー7月号にゲーム機に関する面白い記事が沢山載ってたので買ってみた(正確には会社に買ってもらった)

【PS3が高い理由】
驚きの価格が発表されて、お怒りのゲームユーザーも多いことと思います。
でも高い理由にはこんな事が書かれていました。

ゲーム機は通常、PCやAV機器と比べると非常に安い。これは、ゲーム機のコストが、純粋な「部品原価の積み重ね+利益」では成り立っていないからだ。ゲーム機は1社がほぼ独占的に供給する為、本体価格を長期的に黒字になるように設定できる。

・・・省略・・・

また、ハードメーカーは、他社へ自社ゲーム機向けソフトウェア出版のライセンスを行うし、自社でもゲームタイトルの開発・販売を行う。その為、ゲーム機自体の利幅はそれほど高くなくても、付帯収入から利益を上げることができる。

・・・省略・・・

ところが、PS3ではこのビジネスモデルが取りにくい。SCEが、PS3をゲーム機しかできないマシンではなく、さまざまなアプリケーションが走るエンターテインメントコンピュータにしようとしているからだ。PS3では、コンピュータとして、ハードディスクを標準搭載し、Linuxを汎用OSとして載せた形で発売される。Linux上に、ゲーム以外のアプリケーションが開発される事を想定している。
しかし、この戦略のためには、ゲーム機の価格モデルは障害となる。

つまり、今までのゲームビジネスモデルは、ライセンス料などでハードの赤字をカバーできたが、PS3では、Liknux上で無料のアプリケーションが動いてしまう為ハードの赤字はカバーできなくなる。その為に高い。という事だろう。

ふと思ったが、ゲームの学校などは、PS3をゲーム作成学習用の機材として、購入するんじゃないだろうか?パソコンよりも安いし、Linuxプログラミングもシェーダープログラミングもゲームプログラミングもできてしまう。
ゲームの学校に限らず、小中高校にPS3が導入されたら、ゲームプログラミング大国になるような予感がする。

【日米を分かつ「プログラマブルシェーダ」という壁】
デザイナーのプログラマブルシェーダ技術が、日米では大きな差になっているという話。

PCの世界では2000年のDirectX8世代に初めて実装され、その歴史が始まった。欧米、とくに欧州でシェアの大きかったゲームではこの仕組みがいち早く取り入れられ、2001年発売のXbox1もプログラマブルシェーダーを実装し、これが欧米でシェアを拡大したことにより、PCゲーム、家庭用ゲーム双方においてプログラマブルシェーダーが市民権を得た。ところが、PS2主導で進んだ日本の開発現場には、この動向の流れ込みにくかった。

極論になるがプログラマブルシェーダーに関していえば欧米に対して最大6年間のビハインドを抱えている計算になり、この差がゲーム画面に現れている・・・・というわけだ。

プログラマやエンジニアに関して言えば、日本の開発者も数学や物理の知識に長けているので数ヶ月もしないうちにこのビハインドは取り戻せるが、問題はアーティストやデザイナーだ。

ある異なる日本メーカーに籍を置く、PS3タイトル開発担当の複数のプログラマたちは「もともと数字よりも直感と感性、美的センスのウデを磨いてきた人種に、なぜその画素がこの色になるのか数学と物理の側面から納得してもらうのが大変」といった愚痴を筆者に漏らしていた。

欧米のアーティストやデザイナーは、この苦労を6年分先に経験しているので、
・・・省略・・・
「ドーナツ喰ってキーを叩くだけのプログラマ連中に陰影の味付けまで任せられるものか。シェーダデザインまでが自分の仕事」とまで言いきってくる。

確かに日本には、描画のプログラム的知識を持ったデザイナーが少ないと思う。
自分が今までにかかわってきた仕事では、3人程度しか居なかった。

デザイナーでは、数学や物理の知識に拒否反応をしめす人が多く。プログラマではデザイナにそういう知識を覚えさせる負担を減らしたほうがいいと考えてる人が多いんじゃないだろうか。

むしろ逆の行動を取り、日本ゲームグラフィックの、質向上の為にがんばらないといけないと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (26)

日本デジタルゲーム学会

東京大学本郷キャンパスにて、「日本デジタルゲーム学会 第1回月例研究会 ゲーム研究の方法と意義についての序説」
が行われるので参加してきました。

第1回目の趣旨は、学会がどのような活動を行って行くかという事の説明と、参加者との意見交換という形でした。

この学会での研究は、開発現場へ生かされるというものでは無いようでした。もちろん生かされる事もあるかもしれませんが、あくまで研究という形のようです。

現場の人としてはちょっと残念な気もしましたが、
そもそもゲームという産業が研究されて居なかった日本に悲しみを感じるべきだと思うので、学会ができた事はもっと喜ぶべき事なのかもしれません。

他にゲーム脳の問題に関しても話が出ました。
ゲーム脳
の主張に根拠が無い事は、ゲーム関係者やメディア等は把握してはいて、あまりにもひどい物だったため放置していたそうです。
しかし、ゲームユーザーの母親など、末端までいくとゲーム脳は未だに信じられています。
こんな事で紹介はしたくなかったのですが、

こちらの本は「マンガの読書感想文の書き方」など、小学生にとって文章をどうやったら楽しく書けるかが分かりやすく書いてあって、かなりお勧めの書籍なんですが、この中でも「ゲームは脳に障害を与えるらしいからやらない方がいい」などと書かれています。

こういった根拠の無い定義に対しても、研究をする事で正して行こうという行いもするようです(学会が出すのでは無くて、研究員が出して行く)
もちろん研究の末「ゲーム脳は正しかった」という結論が出るかもしれませんが、それはそれ。

なにはともあれ学会設立で、日本のゲームの質向上、世界のゲームの質向上、そして世の中にもっと楽しい事が増えていく事になっていくと、開発者としてもユーザーとしても、とても嬉しい。

| | コメント (34) | トラックバック (1)

DSLiteとデュアルモニターMac

Ca310689昼にビックカメラに行くとDSLiteが緊急入荷!
やっと入手!

むふ〜っとマリオ遊んでます。

Macはデュアルモニターにしてみました。
便利だ〜、Winもういらないんじゃないかと思うくらい。

| | コメント (23) | トラックバック (103)

PS3の4台目?

ほう・・3台も・・

1台目:HDDレコーダー用
2台目:パソコン用
3台目:サーバ用

って、ゲーム用がないじゃん!!
あ、HDDレコーダー用がテレビに接続されていると思われるからこれかな?

投稿 とよ | 2006/05/28 20:00:25

おっと、
PS3で遊びたいゲームが無かったから、ゲーム機として使う事を考えて無かった。
HDDレコーダーのをゲーム用にすっかな。
でもそれだと、遊びながら録画できないや、、、むむ~~やっぱり4台目だろうか

| | コメント (0) | トラックバック (34)

Wiiのコントローラー

夢が広がるコントローラーだね。欲しい。


| | コメント (39) | トラックバック (47)

PS3の実力を100%使える

3DゲームファンのためのPS3の“真意”講座
「PS3は“ゲーム機”ではなくコンピュータとして訴求されるべきである」

 Linuxプログラミングがある程度DIYの世界であることはわかるが、CELLプロセッサに内蔵されるSIMD型ベクトルRISCプロセッサであるSPE(Synergistic Processor Element)の活用などは、システム側のサポートがないと難しいといえるが……。

 「Linuxベースでも、CELLプロセッサに関しては、OS側のスーパーバイザーのハードウェアのレイヤーの管理下にはなると思うんですが、SPEなんかも含めて開放できると思っています。ただ、ゲームプラットフォームとしてのPS3のビジネスと、Linuxワールドの中のPS3というのを融合させるようなつもりはないですね」(川西氏)

 ということは、PS3をかなり強力な汎用コンピュータして活用できることになり、そうなれば、PS3を“プレイステーション”ではなく“ワークステーション”としての価値を見出す使い方も出てくることだろう。

よかった。
SPEが操作できればPS3の機能の大部分を扱える。
あとはグラフィックのGPUとメモリがプログラムで扱えれば問題無し。

最強のマシンを手に入れれるまで、あと6ヶ月。

| | コメント (84) | トラックバック (99)

PS3をコンバータマシンとして使う

Ca310541 Ca310540

これらの情報を考えると、PS3は現在開発に使用してるPCと比べると恐ろしく処理が早く、なおかつLinuxを搭載するのでプログラミング可能なようだ。

こんなマシンがたったの7万円。

発売されたら会社で数台買ってゲームデータのコンバータマシンとして使ってしまおう。

「PS3はHDDを前提としたLinuxマシーンに」

「Linuxもレガシーだけど、最初のきっかけになる。Cellの場合、OSはアプリ。カーネルはCell(Cell OSのハイパーバイザ層のこと)で動いていて、複数のOSがアプリとしてその上に(仮想マシン上に)載るスタイルになる。Linuxは当然載るでしょ。 Linuxが載れば、Lindowsでも何でも載っちゃう。Linux載せちゃったら全部オープンに使えるから、(プログラマが)どうとでもできる」

「ゲーム機の技術で世界最速マシンをつくる」

久多良木氏が最近の講演で披露したプレゼンテーション資料では,スーパーコンピュータ用Cellの動作周波数は2.5GHzと記載してある。これを一つの ボードに18個実装する。このボード16枚を1ラック(筐体)に納め,40個のラックを相互につなぐ。つまり,1万1150個のCellで1P(ペタ) FLOPSに達する。ボード間あるいはラック間の接続には,電気配線ではなく光配線を利用するという選択肢もありそうだ。これは現時点で,構想というよ り,まだ妄想の段階に過ぎないのかもしれないが,ゲーム機用LSIで世界最速のスーパーコンピュータを作ろうという並々ならぬ意欲が感じられる。

西川善司の3DゲームファンのためのPS3パフォーマンス考察講座
~PS3はSPEで加速する! SPEがなければ性能はPentium 4の1/5以下?

使用されたCELLは開発途中版であったために動作クロックは2.1GHz駆動、そして2WAY-CELL(CELL×2)におけるSPEが16基 のケースも示されている。なお実験用のCELLなのでPS3とは違い8基のSPEが全てアプリケーション側で動作できるものを使用している。

 そして比較対象はPentium 4の3.2GHz版。計測データは描画完了するまでの所要時間で、その最小値と最大値と平均値。フレームレートではないので値が小さいほど優秀であることを示している。

 160万パーティクル、150万パーティクル、いずれのケースにおいても、SPE1基でPentium 4の1.5倍、SPE8基では12倍のパフォーマンスを見せている。

CellがPS3に搭載されて大量に生産&販売されるようになれば、Cell自体の値段が急激に下がると思われる。
そうなるとゲーム機としてだけじゃなく普段の生活に恐ろしく高性能なプロセッサが使用されるようになる。

久多良木氏が「5年後に凄い事になっている」と言うのはそれじゃないかと思う。

車運転好きとしては、是非ともカーナビ(ナビだけじゃなくて、車のエンターテイメント性を上げる仕組み全部に)に搭載して面白い事ができるようになって欲しい。

| | コメント (1421) | トラックバック (16)

PS3の価格からゲーム開発者の将来に夢を持つ

Ca310539PS3の発売日と価格が発表されました。
ITmedia 「PS3価格発表――発売日は11月11日に決定」

HDDが20Gの安いバージョンが6万2790円。高いのがオープンプライス。

値段に心躍る。
これは子供を購買層にしてない値段だ。

XBox360とPS3の次世代機が出てきた時に(Wiiは別方向の次世代機)、開発現場は開発コストが大きすぎるのと、高い開発技術が求められるから震えていた。

今までゲーム開発者は子供のお金を自分の収入としたのが、PS3では購買層をぐっと上に上げたのか?
PS3がハリウッド映画並のゲーム映像を再生できて、子供が買えない価格と考えると、青年層以上のお金を開発者は自分の収入とできると思っていいのではないか。

今までゲーム開発者は、同技術の別業種と比べると割安な給料を貰ってきた。
たとえばプログラマーでいうなら、ゲーム業界では部下を管理して全体設計もしないといけないメインプログラマーでも月給20万円。システム系と比較したいが知らないので誰か教えて欲しい。

これが購買層がぐっと上がってゲームが映画と同じ程度のソフトとして扱われると、メインプログラマーの収入はとんでもない事になるんじゃないか。

DVDの時のように、コンテンツも製作するソニーはPS3でブルーレイを大きく普及させて収益を伸ばす考えなんだろう。
任天堂もMicrosoftも、やってる事はゲーム開発現場の未来に明るいものはあまり見せて無い。

PS3のカケにも見える戦略に夢を託したい。
(夢を持った技術ある開発者が、下手に見られて報酬を値切られるのは業界にとって悪だとおもう)

| | コメント (2) | トラックバック (20)

物理エンジン元年になるか?物理エンジンアクセラレータ「PhysX」発売

ついに物理計算アクセラレーターが発売されるらしい。

ASUSTeK,PhysX PPU搭載カードを5月に発売と発表
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.03/20060323165830detail.html

ハーフライフ2くらいから物理エンジンが話題になっていたけど

3Dゲームのための物理エンジンアクセラレータ「PhysX」はブレイクするか?
http://watch.impress.co.jp/game%2Fdocs/20050318/ageia.htm

これは3DアクセラレターのVoodooが発売されて以来のゲーム技術の革新かもしれない。

「PhysX」を開発するのは物理エンジンの「NovodeX」を開発する「AGEIA Technologies」
「NovodeX」はハーフライフで使用されている「Havok」よりもマルチスレッドに強いと言われてる。
マルチスレッドはCPUコアを複搭載するXBox360やPS3が得意とするところ。

最近仕事で「NovodeX」をゲームに組み込む作業を行っているけど、なんとも素直なシステムで、
とっても使いやすい。

3D描画エンジン+NovodeX+サウンドエンジン
が有れば、ゲーム部分のプログラムを組むだけで短時間で3Dゲーム開発が行えると思う。

ただし、やはり物理計算は処理が重い。
画面中に物理計算を行うオブジェクトが1000個もあったらもう大変。

これはまさに3Dアクセラレーターが無かった時のワールド全体の頂点計算、ピクセル計算が重かった時と同じだと思う。現在はグラフィックカードのバーテックスシェーダーとピクセルシェーダーが行っている。

今回の物理アクセラレーターでは3万オブジェクトくらいは60fpsを出せるらしい。

3万オブジェクトが物理計算で動くゲーム世界。
それは別次元のゲームになるんじゃ無いかな。

| | コメント (21) | トラックバック (4)

モンスターハンター2セット

準備万端!!!!

久しぶりのギネスも堪能!!

そいえば「円熟」なる発泡酒が出たから飲んでみた。
毎日飲んでる韓国発泡酒の「発泡楽園」とやっと味で並んできた感じ。

日本の発泡酒は今まで不味かったけど、やっと韓国に追いついた???
日本の企業はもっと頑張って欲しいな・・・

| | コメント (74) | トラックバック (18)