« 2006年6月 | トップページ

blog引越し

http://d.hatena.ne.jp/akiraak/
はてなに引越ししまいた。

| | コメント (637) | トラックバック (48)

卒業文集での夢

引越し作業をしていたら、小学校6年生の時の学級文集が出てきた。
これが世間一般で言う卒業文集となるものだと思う。

小学6年生の自分がどんな夢を持っていたのが、転載してみる。

【将来の夢】
小酒井 輝
「ねぇ、お母さん。パソコン買って。」
「そんな高い物、すぐに買えるわけないでしょ、もう少し大きくなったら買ってあげるわよ。」
ぼくの家では、前こんな会話がありました。僕の夢はプログラマーになって、いろいろなゲームのソフトを作ることです。
ぼくの家には、今パソコン1台と、ゲーム機が二台に、ワープロが一台あります。この中で、ぼくが、あつかえるモノは、ゲームの機械ぐらいです。あとの物は、ほんの少ししかあつかえません。ぼくは、ゲームをやっているある日、こんなことを考えました。「こんなおもしろいゲームソフトを作るのは、だれなんだろうか。どうやって作るんだろうか。」そんなことを考えていると、ぼくのもっているソフトの中で、ドラゴンクエストのことを思い出しました。前読んだドラゴンクエストの本で、「メインプログラマー、中村光一」「シナリオライター、堀井雄二」「プロデューサー、千田幸信」「音楽、すぎやまこういち」「キャラクターデザイン、鳥山明」などといことが書いてありました。ぼくは、この本を読んだとき、ゲームを作るのは、とっても難しいことなんだなあと思いました。それに、一つのゲームを作るのに、多くの人が、かかわっているんだなあと思いました。
ぼくは、未来どんな人にもまけなくて、多くの子供たちを喜ばせられるプログラマーになりたいと思います。

数年ぶりに読んでみて、
15年経っても自分が求める物は何も変わってないんだな、ってのを感じた。
結局、多くの人に自分の作ったゲームで喜ばせたいんだな、と。

そして、夢は実現できたのか?

ゲームを何種類か発売し、各タイトルが万単位で売れているので、多くの人を喜ばせたと思っていいんだろうか。

もし夢が達成できてるなら、次の夢を立てねば。

ちなみに、夢を達成するにあたって一番うれしかった場面は、
「ウルトラマン・ファイティングレボリューション2」を作ったときに、発売前にサンシャイン60で開催されたウルトラマンフェスティバルにプレイアブル機を出展し、それを開発者みんなでこっそりと見に行った時。
子供達が楽しそうに遊んで居るのを後ろから見ていたら居ても経ってもいられず、乱入してしまった。
発売前で誰も知らない必殺技を出してあげると子供達が「すげー」という。



最近、仕事がうまくはかどらない。
知らない開発ターゲット。知らない人たちとの円滑なコミュニケーション。知らない職場環境。みんなは知ってるのに自分だけ知らない職場での常識(でも誰も教えてくれない)
知らなければいけないいろいろな事。
新境地ではいろいろなストレスが多く、実際の作業に集中できない。

追い討ちをかけるように、「使えない」と感じさせる言葉を言われる事。

これらのストレスに立ち向かうには、仕事の信念が必要だと思う。
それが今までは夢だった。
今までの夢をかなえたって思ってしまったなら、新しい夢を設定しないと、ストレスに押しつぶされてしまう。

次の夢を考えます。

| | コメント (984) | トラックバック (149)

ベランダ農園

CA310130 CA310131
植物が段々と増えてきました。

左上から、昨日SEIYUで買ってきたスイートバジルの苗を植え替えたもの、
棚上の左が、チャイブ、アサツキと同じような風味でカルパッチョに使用する予定、
棚上の右が、一番の古株のスイートバジル。結構大きくなってきた。もっと伸びろ~~。
手前の左が、はつか大根と30日チンゲンサイ。
手前の奥が、イタリアンパセリ、右半分は前に植えて、左半分は先週種を撒いたのでまだ芽が出ていない。
手前の手前が、万能ネギ。

植物っていっても全部食べ物だなぁ。
観賞用も何か育てようかな。
夏場だからハエ取り草なんていいかも(観賞用??)

| | コメント (788) | トラックバック (61)

ジュンク堂池袋本店の魅力を伝えたい

ジュンク堂池袋本店の近くに住む事が目的で、建物の裏に引っ越してきたけど、その素晴らしさを伝えるのはとても難しい。
素晴らしさを伝える方法で一番簡単なのは実際に連れていく事で、何人か連れて行ったけどみんな楽しんでくれた。

ジュンク堂の楽しさなんだろう。と考えて、
それは、「こんな本が世の中にあったんだ」って思う事なんじゃないかと思う。

「こんな本が・・・」って思うという事は、その人が知らない本が必ず有る本屋。
どんなに本好きだろうと、そこに行けば必ず驚く本屋。

と、衝動買いで購入したこんな本があります。


この本は「東京のどこに住むのが良いか」というのを教えてくれます。
その中で、区ごとの図書館の蔵書数一覧がありました。

一番少ない区で、
「葛飾区 10館 10万冊」
これはちょっと少なすぎですね、図書館が10もありながら、10万冊しかない。

一番多い区で、
「杉並区 11館 200万冊」
これは多い!本好きにはたまりませんね。

そして、ジュンク堂池袋本店がある豊島区は、
「豊島区 8館 75万冊」
そこそこですね。

さて、ジュンク堂池袋本店
「150万冊」

この数は、そこに常に150万種類の本があって読める、という訳ではなく、そこに常に150万冊があり販売しているという意味だけど、
それにしても、区の規模に負けていない。むしろ23区のうちジュンク堂よりも本を揃えてるのは5区しかない。

そして、ジュンク堂は一つのビルで150万冊を扱っているので、区の図書館みたいに10館を巡る必要もない。

ジュンク堂はコミック以外なら(コミックはビニール付き)、テーブルと椅子でゆっくりと本を読む事ができるし、
店内にカフェもあるので、購入した本をくつろぎなら読むこともできる。

販売面積は2000坪。
東京ドームが4000坪なので、ドームの半分の面積に、背丈よりも大きい本棚がぎっしりと詰まってるのを想像してもらいたい。

そこは本好きにとってパラダイス以外の何者でもないはず。

| | コメント (407) | トラックバック (35)

従業員の他会社への興味

社会人7年目です。
良い会社、悪い会社と、いくつか経験しました。

最近良い会社でお仕事が出来ていて、そこで、今の会社が1社目な人と話をしていると心配になる事があります。

それは、彼らがこの会社にいる限り、厳しい会社での仕事を体験できない事です。
そして、彼らは他の会社がどんな所なのかに興味を持っています。

彼らが好奇心で他の会社に移って、今の会社の良さを知ったときに戻ってこれる仕組みが合ってもいいんじゃないか、と思う。

現在の会社は、それを実現するのにちょうどいいサービスを運営していました。
ミドルウェアの販売。

ユーザーがサポート無しにミドルウェアを利用するのはかなり難しいです。
そこで、メールでのサポートを行ったり、または実際にプログラミングのサポートを行ったりする訳ですが、これを出向するシステムにしてみるのはいいんじゃないでしょうか。

もちろん出向するのは、他の会社に興味がある従業員のみ。

これで、他の会社を知りたいという欲求も満たされるし、他の会社の情報も入手可能になります。
何よりも出向した人が成長するでしょう。

はてなが、他の会社と1週間の従業員の交換、という事をしていると本で読みましたが、これに近いかもしれません。

| | コメント (712) | トラックバック (26)

鳩の雨宿り

日本各地で雨が振ってます。
池袋ももちろん降っています。

雨は鳩も大変らしく、体をびちょびちょに濡らしてベランダで雨宿りしてました。

鳩も風邪を引くんだろうか、、と、ふと思った。

| | コメント (424) | トラックバック (4)

引越しが一段落

引越しました。

土曜日の午後1時から車で荷物を運びました。
荷物は少なかったのですが、冷蔵庫と洗濯機だけ一人では無理だったので、今の職場のSさんと、元同僚のKさんに手伝ってもらいました。

荷物をレンタルしたトラックで運び。
購入予約しておいたソファを、店から家まで運び。

なんと、午後4時に終了。
所要時間3時間。

手伝ってくれた二人には感謝感謝!!

引越しも終わり、あとは荷物ほどき。
したら、ポストにクロネコヤマトの不在表発見。

「向かいのお店で保管しています」

こんな不在票素敵じゃないか!
ビルの道路を挟んで向かい(大またで4歩くらい!)の場所にあるクロネコさんからBフレッツのルーターが届いてるとの不在票でした。
うちは実家からの荷物が多いから、クロネコの従業員さんとは仲良くなるんだろうな、、なんて思った。

そして、ベランダが広いので農園を作っていたら、 持ち込んだプランターから、カナブンが出てきた。
こんな綺麗なカナブンを池袋で見れるとは思わなかった。

月曜日にはBフレッツの工事が終わり。今こうしてネットが出来ています(無線LANのアクセスポイントが沢山あってネットはできていたけど・・・)

ネットをするのに小さい箱が4つも並ぶとなんか面白い。
どれもネットには必須なんだけど、統合できてないモノ達。

左から、
・Bフレッツモデム(電話ジャックからLANケーブルに変換)
・ルーター(モデムにネット接続を命令するヤツ、あとはルーティング)
・ネットワークHDD(電源入れるだけでファイルサーバになる頼もしいヤツ、300G)
・AirStation(無線LANアクセスポイント。レッツノートとMacBookで使用、、っていうか有線PC使ってないや・・)

ある程度部屋が落ち着いてきたけど、
残す作業が、ベットの設置、テーブルの設置と、書類&小物を置く棚の設置。

今月中全部終わらせるぞ~~

| | コメント (165) | トラックバック (143)

スイートバジルの成長

引越しなど、やる事が多くてブログも手抜き気味になってる今日この頃。

それでもスイートバジルの水やりは欠かさないようにしているので、結構大きくなってきました。

もっと大きくなってちょうだいな。

| | コメント (577) | トラックバック (342)

ダンボール机生活

引越しを週末に迎えて、
いろいろと整理をしています。

パソコンはダンボールの上で!!

ご飯もダンボールの上で食べています。金曜日までの我慢です。

引越しを二人が手伝ってくれる事になったので、かなり簡単に終わらせそうです。
それまでに荷物のダンボール積めなど、まとめておかないと。
食器をダンボールに詰める時に必要なクッション用に新聞紙を会社から貰ってきたので、がんばって詰込まないと。

引越しまで5日しか無いけど、いろいろ手続きしてみました。
・水道の切り替え
・ガスの切り替え
・電気の切り替え
・光ケーブルを使ったインターネットの開通

今朝電話をして、光熱費関係は土曜日に、インターネットは月曜日に開通する事になりました。
結構簡単にできるもんみたい。

| | コメント (747) | トラックバック (194)

整理

前回からのつづき。
「ジャコとお別れ」

来週引越しをします。
生活に必要な家具、本20冊。
パソコン2台、ノートパソコン2個。植木鉢2個。
必要最低限な物だけ持って行き、それ以外の物は捨てる事にした。

破棄した物は、、、
・書籍30冊程度
・コタツ
・古いビデオデッキ
・古いスキャナ
・古いプリンタ
・スノーボード
・スキー板
・スキーブーツ
・元彼女と買ったテーブル1
・元彼女と買ったテーブル2
・元彼女がひいていた電子ピアノ
・元彼女が置いていったマフラー
・元彼女が置いていったトレーナー
・元彼女が置いていったぬいぐるみ
・元彼女からもらった手紙

そして、元彼女と一緒に買い、一緒に育てていたジャコ。

今に必要無いこの7年間の思い出の品はほぼ全て捨ててしまったと思う。

何かをやり直したいと思ったのかもしれない。
そして今の状態を抜け出したいと思ったのかもしれない。

引越しも含めて、行動に移した事でいろいろな変化が起きると思う。
精神的に今の自分は正常になっただろうか?
新しい恋をする事ができるだろうか・・・

| | コメント (94) | トラックバック (148)

ジャコとお別れ

ジャコ(猫)を引き取ってもらう為に実家に連れていってきました。
ついでに、部屋にある要らない物も一緒に持って行きました。

CA310040 CA310041 CA310042 CA310043 CA310044
ジャコはゲージに入れて連れて行きます。にゃーにゃーずっと鳴いてました。
途中で、末広がりな車に遭遇したり、ドシャ降りに直撃されたりしました。高速道路なのに時速60kで安全運転。

CA310045 CA310046 CA310047 CA310048 CA310049 CA310050 CA310051 CA310052 CA310053 CA310054 CA310055
実家には夜8時に到着し、すぐに夕飯。
豪華だね。
で、いつものようにご飯中なのに、酒を飲みながら料理を作り出す自分と父。
父は極太キュウリを使った酢の物。
自分はインゲン豆とほうれん草のパスタ。

両方ともとても美味しいございました。

CA310056
これは15年前くらいに作ったハエ叩き。
素材は庭に生えてた天狗がもってるヤツのような植物の葉。
まだ使えてるのはビックリ。

そして翌日。
朝の8時にジャコを引き取ってくれる人が来るという事なので、それまで外を探索してみる。

CA310057
まどに張り付くキリギリス。

CA310058
朝食はナスの炒め物らしい。

CA310059 CA310060 CA310061
下の畑のキュウリたち。
黄色いのは種用。でかい。

CA310062 CA310063
台所の勝手口のところに植えてあるのは、月桂樹。
別名、ローレル。

CA310064
ここが家の横の畑。

CA310065
通り道に何故か生えてるシソ。

CA310066
パセリ。最近増殖しすぎてるらしい。

CA310067
ピーマン。もう収穫できるね。

CA310068 CA310077
トマト、20本くらい植わってて、1本からこれ以上の量が取れるとすると。。。。
今年はどれくらい自分の所に送られてくるんだろう、、、心配。

CA310069
べんり菜?
なんだこりゃ。

CA310070
ナス。これも今が旬みたい。

CA310071
なんだろう。食べ物??

CA310072
ほうれん草。
パスタはこれで作った。

CA310073
アスパラガス、まだ芽は生えてきていない。

CA310074
いちおう食べれるらしいけど、母も名前は知らないらしい。

CA310075
虫に食われまくってる、葉大根。食べる所あるのか??

CA310076
へなってるナニカ。。もう死んじゃってます。

CA310078
しょうぶ、花咲いてるのは初めて見た。

CA310079
コスモス。

CA310080
またパセリだ!繁殖してますなぁ。


 

その他、よくわからない植物たち。
それにしても凄い種類の植物そだててるなぁ。

CA310081 CA310082 CA310083 CA310084 CA310085 CA310086 CA310087 CA310088 CA310089 CA310090 CA310091 CA310092 CA310093 CA310094 CA310095 CA310096 CA310097 CA310098 CA310101

CA310102 CA310103
そして、引き取ってくれる。人がやってきました。
大変喜んでくれてました。
こちらは、子供3人、両親、祖父母。と大家族だそうだ。
可愛がってくれそうでよかった。

そして東京に戻る。

CA310104 CA310105 CA310106 CA310107 CA310108 CA310109 CA310110 CA310111 CA310112 CA310113

家に着くと、一人になった事がリアルになってきた。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (62)

人が居ない新日本橋駅

賃貸の契約を行うために日本橋に来た。

写真は新日本橋駅のホーム。
東京駅からすぐ近くだっていうのに、こんなに静かで人も少ないのに驚いた。

でも静かでいいなぁ。こういう場所で読書なんてどうなんだろう。へたにカフェに入るよりも静かだ。

| | コメント (37) | トラックバック (16)

PS3が高い理由と、日本デザイナーの問題

月刊アスキー7月号にゲーム機に関する面白い記事が沢山載ってたので買ってみた(正確には会社に買ってもらった)

【PS3が高い理由】
驚きの価格が発表されて、お怒りのゲームユーザーも多いことと思います。
でも高い理由にはこんな事が書かれていました。

ゲーム機は通常、PCやAV機器と比べると非常に安い。これは、ゲーム機のコストが、純粋な「部品原価の積み重ね+利益」では成り立っていないからだ。ゲーム機は1社がほぼ独占的に供給する為、本体価格を長期的に黒字になるように設定できる。

・・・省略・・・

また、ハードメーカーは、他社へ自社ゲーム機向けソフトウェア出版のライセンスを行うし、自社でもゲームタイトルの開発・販売を行う。その為、ゲーム機自体の利幅はそれほど高くなくても、付帯収入から利益を上げることができる。

・・・省略・・・

ところが、PS3ではこのビジネスモデルが取りにくい。SCEが、PS3をゲーム機しかできないマシンではなく、さまざまなアプリケーションが走るエンターテインメントコンピュータにしようとしているからだ。PS3では、コンピュータとして、ハードディスクを標準搭載し、Linuxを汎用OSとして載せた形で発売される。Linux上に、ゲーム以外のアプリケーションが開発される事を想定している。
しかし、この戦略のためには、ゲーム機の価格モデルは障害となる。

つまり、今までのゲームビジネスモデルは、ライセンス料などでハードの赤字をカバーできたが、PS3では、Liknux上で無料のアプリケーションが動いてしまう為ハードの赤字はカバーできなくなる。その為に高い。という事だろう。

ふと思ったが、ゲームの学校などは、PS3をゲーム作成学習用の機材として、購入するんじゃないだろうか?パソコンよりも安いし、Linuxプログラミングもシェーダープログラミングもゲームプログラミングもできてしまう。
ゲームの学校に限らず、小中高校にPS3が導入されたら、ゲームプログラミング大国になるような予感がする。

【日米を分かつ「プログラマブルシェーダ」という壁】
デザイナーのプログラマブルシェーダ技術が、日米では大きな差になっているという話。

PCの世界では2000年のDirectX8世代に初めて実装され、その歴史が始まった。欧米、とくに欧州でシェアの大きかったゲームではこの仕組みがいち早く取り入れられ、2001年発売のXbox1もプログラマブルシェーダーを実装し、これが欧米でシェアを拡大したことにより、PCゲーム、家庭用ゲーム双方においてプログラマブルシェーダーが市民権を得た。ところが、PS2主導で進んだ日本の開発現場には、この動向の流れ込みにくかった。

極論になるがプログラマブルシェーダーに関していえば欧米に対して最大6年間のビハインドを抱えている計算になり、この差がゲーム画面に現れている・・・・というわけだ。

プログラマやエンジニアに関して言えば、日本の開発者も数学や物理の知識に長けているので数ヶ月もしないうちにこのビハインドは取り戻せるが、問題はアーティストやデザイナーだ。

ある異なる日本メーカーに籍を置く、PS3タイトル開発担当の複数のプログラマたちは「もともと数字よりも直感と感性、美的センスのウデを磨いてきた人種に、なぜその画素がこの色になるのか数学と物理の側面から納得してもらうのが大変」といった愚痴を筆者に漏らしていた。

欧米のアーティストやデザイナーは、この苦労を6年分先に経験しているので、
・・・省略・・・
「ドーナツ喰ってキーを叩くだけのプログラマ連中に陰影の味付けまで任せられるものか。シェーダデザインまでが自分の仕事」とまで言いきってくる。

確かに日本には、描画のプログラム的知識を持ったデザイナーが少ないと思う。
自分が今までにかかわってきた仕事では、3人程度しか居なかった。

デザイナーでは、数学や物理の知識に拒否反応をしめす人が多く。プログラマではデザイナにそういう知識を覚えさせる負担を減らしたほうがいいと考えてる人が多いんじゃないだろうか。

むしろ逆の行動を取り、日本ゲームグラフィックの、質向上の為にがんばらないといけないと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (26)

職場でキュウリ

実家でキュウリが沢山取れたらしい。
職場に味噌と一緒に送るから食べろ。と言われて職場の住所を教えてみた。

沢山送られてきた。
写真は送られてきた量の半分。
でも、みんな美味しいって食べてくれたので送られてきた25本のキュウリはその日のうちに無くなってしまった。

来月は、ナスとトマトを送りつけるらしい。。。ナスって料理できない人にとっては食べにくいよ!?
まぁいっか、、、、

職場にコンロがあったら美味しいパスタを作れるのにな、なんて思った。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

Let's note T5のバッテリーの凄さ

午後1時に「Let's note T5」を持って外出した。
公式のバッテリー時間は15時間。

13:00 パスタマニアで昼飯を注文しながら、ペペロンチーノが出てくるまで猫里親探しの文章をT5で作る。15分程度。

14:00 ジュンク堂で椅子に座りながらテーブルにT5を置いて読書開始。T5は起動しっぱなし。

17:30 家に帰る。

18:30 自宅に着き、T5を台所に置きながら起動しっぱなしにする。

23:00 T5を起動しっぱなしのまま、メッセしたり、メール読んだり、風呂入ったり、マリネ作ったりサラダ造ったりして食べながらビール飲んだり、いろいろしてみたり、バッテリ残量は36%。残り時間は4時間と出てる。

23:00~ジュンク堂で買った漫画を読みながらメッセ。

バッテリー切れるのを辛抱強く待つ。

| | コメント (10) | トラックバック (98)

池袋の植物

池袋で植物関係のものを揃えるのは難しいっす。
そんな池袋でも、ここはいろんな道具や植物が手に入る!と思ったのは、西武デパートの屋上にある植物屋さん、プランターも土も種も苗も、池袋ではここまで品揃えがいい所は見たことない。

おっと、1枚目の写真は西武デパートの地下2Fにある調味料に置いてあったハーブの種たちでした。


そして、この二つは西武デパート1Fのイルムス館出口にある植物屋さん。
左はキウイフルーツで、右はグミだったかな?
でもこいうの高いね。
食べるのが目的じゃなくて、育てるのが目的なら種から育てたいところかな。

| | コメント (10) | トラックバック (185)

近所のパスタ屋まずっ

2年前くらいに一度だけ行った事がある、家から道路を挟んだ所にある近所のパスタ屋でランチを食べてみた。

まずい。

頼んだのは800円の「アサリとシメジのパスタ」

アサリだと思うけど、生臭い、磯臭い。
アサリなら日本酒か白ワインで酒蒸しにして臭みも消すと思うけど、それをやってないんじゃないか?って思った。

そして、上に乗ってる海苔は、ご飯にはよく合う味付け海苔。
アサリは臭くて、そこに甘くて海苔の風味が追加される。結構辛かった。

面はスパゲティー(自分はスパゲティーニが好き)で表面は柔らかく、中心は芯が残ってた。

そしてオリーブオイルを使ってる味はしなかった。
にんにくも。。。

これは自分が作るパスタよりもかなり酷い。

おいしいパスタの店は池袋では2店しか知らない。池袋ならこんな程度なんだろうか。。。悲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (162)

日本デジタルゲーム学会

東京大学本郷キャンパスにて、「日本デジタルゲーム学会 第1回月例研究会 ゲーム研究の方法と意義についての序説」
が行われるので参加してきました。

第1回目の趣旨は、学会がどのような活動を行って行くかという事の説明と、参加者との意見交換という形でした。

この学会での研究は、開発現場へ生かされるというものでは無いようでした。もちろん生かされる事もあるかもしれませんが、あくまで研究という形のようです。

現場の人としてはちょっと残念な気もしましたが、
そもそもゲームという産業が研究されて居なかった日本に悲しみを感じるべきだと思うので、学会ができた事はもっと喜ぶべき事なのかもしれません。

他にゲーム脳の問題に関しても話が出ました。
ゲーム脳
の主張に根拠が無い事は、ゲーム関係者やメディア等は把握してはいて、あまりにもひどい物だったため放置していたそうです。
しかし、ゲームユーザーの母親など、末端までいくとゲーム脳は未だに信じられています。
こんな事で紹介はしたくなかったのですが、

こちらの本は「マンガの読書感想文の書き方」など、小学生にとって文章をどうやったら楽しく書けるかが分かりやすく書いてあって、かなりお勧めの書籍なんですが、この中でも「ゲームは脳に障害を与えるらしいからやらない方がいい」などと書かれています。

こういった根拠の無い定義に対しても、研究をする事で正して行こうという行いもするようです(学会が出すのでは無くて、研究員が出して行く)
もちろん研究の末「ゲーム脳は正しかった」という結論が出るかもしれませんが、それはそれ。

なにはともあれ学会設立で、日本のゲームの質向上、世界のゲームの質向上、そして世の中にもっと楽しい事が増えていく事になっていくと、開発者としてもユーザーとしても、とても嬉しい。

| | コメント (34) | トラックバック (1)

野菜の芽が出たよ

会社で植えた野菜達の芽が出てきた。

月曜に種撒きしたから、火水木金と、4日目にしてこんなになりました。

でも、どの芽が大根なんだか、チンゲンサイなんだか、キャベツなんだか分からない。
育てばわかるか

はつか大根収穫まであと16日。

| | コメント (0) | トラックバック (27)

« 2006年6月 | トップページ